Visual Studio 2017がアンインストールできなくなったときの解決方法のメモ

先日、PowerShellスクリプトを書くためにVisual Studio 2017に「PowerShell Tools for Visual Studio 2017」を導入したのですが、ちょっとしたスクリプトを書くだけならWindowsに付属の「Windows PowerShell ISE」で十分だなと思い、削除することにしました。すると、Visual Studio 2017がおかしくなるばかりか、アンインストールすらできなくなってしまいました。情報を探してなんとか元の環境に復旧できたので、解決方法のメモを残しておきます。

スポンサーリンク

アンインストールできなくなった経緯

Visual Studio 2017がおかしくなり、アンインストールができなくなるまでの経緯です。

  1. Visual Studio 2017の拡張機能と更新プログラムから「PowerShell Tools for Visual Studio 2017」をダウンロード。
  2. 「PowerShell Tools for Visual Studio 2017」を削除したいが、「無効化」と「元に戻す」しかなかったので「元に戻す」を選択。
  3. 「変更」を選択。
  4. 削除完了??
  5. 削除できたか確認するため、Visual Studio 2017の拡張機能と更新プログラムを選択。
  6. エラーが出て拡張機能と更新プログラムが開けなくなってしまった。
  7. 拡張機能が追加できないのは厳しいので、Visual Studio 2017のインストーラーを起動して修復を選択。
  8. 「OK」を選択。
  9. 問題が発生しました。修復できない。
  10. 仕方がないので最後の手段、アンインストールして再インストールすることに。
  11. 「OK」を選択。
  12. またもや問題が発生してアンインストールもできない。なんてこった。

InstallCleanup.exeで削除する

ネットで同じような症例がないか探してみると、Fails to uninstall VS 2017というトピックが見つかりました。ここを見ると、Visual Studioのインストーラーに入っている「InstallCleanup.exe」でクリーンアップができるらしいので、試してみました。

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動する。
  2. 「C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\resources\app\layout」に移動し「InstallCleanup.exe -full」を実行する。
  3. 完了したっぽい。
スポンサーリンク

アンインストールの確認

念のためPCを再起動してから、Visual Studio 2017がアンインストールできているか確認します。

  • アプリと機能…削除OK
  • Program Files (x86)内…削除OK
  • Visual Studio 2017のインストーラー…インストール画面が表示されました

問題なくアンインストールできているようです。

まとめ

Visual Studio 2017がアンインストールできていることを確認後、再インストールして使用できることを確認できました。まさかPowerShell Toolsを削除しようとしただけで、Visual Studio 2017がアンインストールすらできなくなるとは思いもしませんでした。一時はどうなることかと思いましたが、無事元の環境に復旧できたのでよかったです。
「InstallCleanup.exe」は「-full」オプションを付けて実行すると、関連プログラムもごっそり削除してくれるようなので、Visual Studioを完全に削除したい場合にも便利かもしれません。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA