Freemake Video Converterで高画質なMP4を作る

先日、HandBrakeでTSファイルをMP4にエンコードする
という記事を書きましたが、HandBrakeを使用する前は動画変換ソフトに
Freemake Video Converterを使用していました。

このソフトはフレーム単位のカット編集ができるという大きな長所があり
CMカットがきれいにできるため、今でもたまに使用しています。
一方でエンコードの初期設定が速度重視になっていて
エンコードは速いが画質はまあまあという特徴もあります。

この記事では、Freemake Video Converterの設定を変更して
高画質なMP4を作る方法を紹介します。

スポンサーリンク

インストール時の注意点

Freemake Video Converterはインストール時に
Baidu製のソフトを一緒にインストールしようとします。
チェックを外して、インストールしないことをおすすめします。
freemake_install

設定画面を見てみる

MP4出力パラメータ設定画面を見ると、画質に関する設定は
ワンパスか2パスかの設定くらいしかありません。
freemake_setting

それではとMP4プリセットエディタを見ても、映像についての項目は
画面サイズ、ビデオコーデック(実質H.264一択なのでないようなもの)
フレームレート、ビットレートしかありません。
freemake_setting2

どうやらFreemake Video Converterでは、簡単に使えるように
x264のややこしいパラメータは一切見えなくしているようです。

じゃあどんな設定になっているの?と実際にエンコードしてみました。
(ソースはBS11の番組、MPC-HCでメディア情報を確認)

見るのは最後の行のEncoding settingsです。
ref=2、me=hex、subme=6となっているあたり
x264 PresetのFastに近い設定になっているのかなと思います。
高画質を目指す場合にはちょっと物足りない設定ですね。

スポンサーリンク

設定ファイルの場所

アプリケーション上からは詳細な設定はできませんでした。
ではどこで設定するのかと言うと

(Freemake Video Converterのインストールフォルダ)
\FMCommon\FreemakeCommon\Profiles

インストール先を変更せずにインストールした場合は
C:\Program Files (x86)\Freemake\Freemake Video Converter
\FMCommon\FreemakeCommon\Profiles

上記の場所にFMCommonCodecProfiles.xmlというファイルがあり
x264のパラメータはCodecOptionsの部分で設定しています。
(抜粋しているため、実際の行数とは異なります。)

設定を変更する

どこで設定できるか分かったので、高画質を目指して設定を変更していきます。
目安として、HandBrakeでx264 Preset=Slower
実写用としてx264 Tune=Film、アニメ用としてx264 Tune=Animation
指定したときのパラメータを参考に設定していきます。

ビットレート指定の設定

実写用

HandBrakeでAvg Bitrate (kbps)=4000、x264 Preset=Slower、
x264 Tune=Film、Ref=4
を指定したときのパラメータに合わせた
FMCommonCodecProfiles.xmlの設定。
(抜粋しているため、実際の行数とは異なります。)

HandBrakeでエンコードした結果(上)と
Freemake Video Converterでエンコードした結果(下)。

アニメ用

HandBrakeでAvg Bitrate (kbps)=4000、x264 Preset=Slower、
x264 Tune=Animation、Ref=4
を指定したときのパラメータに合わせた
FMCommonCodecProfiles.xmlの設定。
(抜粋しているため、実際の行数とは異なります。)

HandBrakeでエンコードした結果(上)と
Freemake Video Converterでエンコードした結果(下)。

品質指定の設定

実写用

HandBrakeでConstant Quality=23 RF、x264 Preset=Slower、
x264 Tune=Film、Ref=4
を指定したときのパラメータに合わせた
FMCommonCodecProfiles.xmlの設定。
(抜粋しているため、実際の行数とは異なります。)

HandBrakeでエンコードした結果(上)と
Freemake Video Converterでエンコードした結果(下)。

アニメ用

HandBrakeでConstant Quality=20 RF、x264 Preset=Slower、
x264 Tune=Animation、Ref=4
を指定したときのパラメータに合わせた
FMCommonCodecProfiles.xmlの設定。
(抜粋しているため、実際の行数とは異なります。)

HandBrakeでエンコードした結果(上)と
Freemake Video Converterでエンコードした結果(下)。

設定ファイルをダウンロード

上で設定した4種類のFMCommonCodecProfiles.xmlを
まとめてダウンロードできるようにしました。
説明書などは入っていないので、使い方はこの記事を参照してください。

freemake-video-converter_mod_profiles.zip

補足

  • お約束ですが、このファイルの使用により発生した
    いかなる損害についても作者は一切の責任を負いません。
  • FMCommonCodecProfiles.xmlはアプリケーション起動時に
    読み込まれるようです。アプリケーションを起動中の場合は
    一度終了してから設置してください。
  • 品質指定の設定を使用時は1passでエンコードしてください。
    2passを指定するとデフォルト設定になります。

以上、Freemake Video Converterで高画質なMP4を作る方法を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA