DGIndexの修正版をビルドしてみたので手順のメモ

DGIndex 1.5.8にはバグがあるらしく、分離した音声(aac)が
異常になってしまうことがあるようです。というか遭遇しました。
WOWOWの5.1ch音声の映画をDGIndexで分離して、
aacをFakeAacWavに変換しようとすると、エラーになってしまいました。

有志の方が修正したバージョンがあるのですが、バイナリの配布はなく
ソースのみの公開となっているので、自分でビルドしてみました。
そのときの手順を備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク

Visual Studio 2015をインストール

最初にして、最も時間のかかる作業です。
すでにVisual Studio 2015をインストール済みの方は、スキップしてください。

ダウンロード

Visual Studioのダウンロードページから、
Visual Studio Communityをダウンロードします。
dgindex_vsdl

インストール

vs_community_JPN.exeを起動します。
dgindex_vsinsticon
インストールの種類をカスタムに設定して、次へを押します。
dgindex_vsinsti1
プログラミング言語のVisual C++にチェックを入れて、次へを押します。
dgindex_vsinsti2
インストールを押します。
使用する容量が多いので、特にSSDの方は注意してください。
dgindex_vsinsti3
ここからインストールにしばらくかかります。
(環境にもよりますが、2~3時間ほど)

Windows XP support for C++をインストール

Visual Studioのインストール時に、Visual C++にチェックを入れた場合は、
すでにインストールされているので、飛ばしてください。

Visual Studio 2015を起動します。
dgindex_vsstart
ファイル→新規作成→プロジェクトを選択します。

テンプレートをVisual C++に設定し、
Windows XP support for C++をインストールを選択して、OKを押します。
dgindex_vscpinsti
このような警告がでるので、先ほど起動したVisual Studioを閉じて、
続行を押します。
dgindex_vscpinsti2
機能の選択画面では、すべて選択にチェックして、次へを押します。
dgindex_vscpinsti3
あとは指示通り進めていけば完了です。

スポンサーリンク

NASMをインストール

ダウンロード

NASMのサイトからダウンロードします。
dgindex_nasmdl1
win32フォルダに入ります。
(上にあるアーカイブはソースのみなので注意)
dgindex_nasmdl2
ZIP版をダウンロードします。
dgindex_nasmdl3

インストール

ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍します。
浅い階層の、スペースや日本語を含まないフォルダが良いと思います。
(C:\nasmとか)
dgindex_nasminst
以上でNASMのインストールは完了です。

DGIndexをビルド

ソースをダウンロード

makiさんのGitHubからソースをダウンロードします。
dgindex_dgidl1
DGMPGDec-master.zipを任意のフォルダに解答します。
dgindex_dgidl2

ビルド

  1. コマンドプロンプトを起動します。
    dgindex_dgicmd
  2. ソースを解凍したフォルダに移動します。
  3. NASMPATHにNASMフォルダのパスを設定します。
    例:「set NASMPATH=C:\nasm\」(最後に「\」が必要)
  4. ビルド用バッチ(DGMPGDec_Build_Release_msvc14.bat)を実行します。
  5. bin\msvc14.0\Releaseにファイルが出力されます。

コマンドイメージ

c:\>cd C:\DGMPGDec-master
C:\DGMPGDec-master>set NASMPATH=C:\nasm\
C:\DGMPGDec-master>DGMPGDec_Build_Release_msvc14.bat
—————————————————–
S T A R T
—————————————————–
-Build- Release|Win32
~~~中略~~~
ビルドに成功しました。
0 個の警告
0 エラー経過時間 00:00:18.71
—————————————————–
F I N I S H
—————————————————–
C:\DGMPGDec-master>

日本語化

binフォルダ内のDGIndex.lang_jpn.iniを、
DGIndex.lang.iniにリネームして、DGIndex.exeのある
フォルダに格納すると、DGIndexのUIが日本語化されます。
dgindex_dgindjpn

以上、DGIndex修正版のソースをビルドした手順のメモでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA