VHSテープをなるべくきれいにDVDにダビングする方法

先日、家にたまっていたVHSテープをDVDにダビングしました。
なるべくきれいにダビングするために、可逆圧縮形式でPCに取り込み、
AviUtlで編集してフィルタをかけてDVDに書込みました。
そのときの手順を紹介します。

スポンサーリンク

必要な機器

VHSテープをPCに取り込むのに必要な機器です。

  • VHSビデオデッキ
    VHSテープを再生するのに必要です。
    S端子から映像を出力できる機種だと、よりきれいになります。
  • ビデオキャプチャ
    再生した映像をPCに取り込むのに必要です。

ビデオキャプチャについては、GV-USB2を使いました。
USB接続で簡単に使えて、3000円ほどで購入できます。
この記事で記載する設定などもGV-USB2を例としています。

VHSテープの動画をPCに取り込む

VHSビデオデッキでテープを再生し、
動画をビデオキャプチャでPCに取り込みます。

ソフトウェアの準備

使用するソフトウェアの準備を行います。
以下のソフトウェアを使用します。

  • アマレコTV
    ビデオキャプチャソフトです。
  • AMV4ビデオコーデック
    アマレコTVを使用するために必要です。
  • Ut Video Codec
    可逆圧縮コーデックです。

アマレコTV

  1. アマレコTV公式ホームページからダウンロードします。
    最新版ではなく、旧バージョンのVer3.10をダウンロードします。
    vhs2dvd_amadl
  2. AMV4ビデオコーデックも一緒にダウンロードしておきます。
    特に使用はしませんが、アマレコTVを起動するのに
    インストールしておく必要があります。
    vhs2dvd_amadl2
  3. amarectv310.zipを適当なフォルダに解凍します。
  4. amv4xx.zipを解凍してインストールします。

Ut Video Codec

  1. 或るプログラマの一生から最新版をダウンロードします。
    vhs2dvd_utvideodl
  2. utvideo-xx.x.x-win.exeを起動して、インストールします。
    vhs2dvd_utvideoinst

アマレコTVの設定

  1. AmaRecTV.exeを起動します。
    vhs2dvd_amaico
    AMV4ビデオコーデックがインストールされていないと、
    このようなメッセージが表示されます。
    vhs2dvd_amaerr
  2. 何回かメッセージが表示されるので、OKを押して閉じます。
  3. 初回起動の場合、自動的に設定画面が表示されます。
    以下、必要最低限の設定だけしていきます。
  4. 全般タブ
    保存先に、動画ファイルを保存する場所を設定します。
    vhs2dvd_amaset
  5. グラフ 1(デバイス)タブ
    • ビデオキャプチャデバイスに、GV-USB2を選択します。
    • 入力端子に、コンポジット端子で接続していればCompositeを、
      S端子で接続していればSVideoを選択します。
    • オーディオデバイスに、GVUSB2, Analog Captureを選択します。
    vhs2dvd_amaset2
  6. 録画設定タブ
    • コーデック(いろいろ)にチェックを入れます。
    • 更新を押して、インストール済みのコーデックを表示します。
    • ULY2を選択します。
    vhs2dvd_amaset3
  7. OKを押して、設定を保存します。

アマレコTVで動画を取り込む

  1. VHSビデオデッキで、テープを巻き戻しておきます。
  2. アマレコTVで、録画ボタンを押して録画を開始します。
    vhs2dvd_amabtn
    不要な部分はあとでカットできるので、
    余裕をもって録画を開始しておくと良いと思います。
  3. VHSビデオデッキで、テープを再生します。
  4. テープの再生が終わるまで待ちます。
  5. アマレコTVで、録画ボタンを押して録画を停止します。
スポンサーリンク

動画を編集する

PCに取り込んだ動画をAviUtlで編集し、フィルタをかけて保存します。

AviUtlをインストール

AviUtlをインストールします。

  1. AviUtlのお部屋から最新版をダウンロードします。
    vhs2dvd_aviutldl
  2. aviutlxxx.zipを適当なフォルダに解凍します。

AviUtlで動画を編集する

  1. aviutl.exeを起動します。
    vhs2dvd_aviutlico
  2. 動画をAviUtlにドラッグ&ドロップし、読み込みます。
  3. 不要な部分のカットなど、動画を編集します。

AviUtlで動画にフィルタをかける

どのフィルタを使用するかはソースや好みによるため
詳細は割愛しますが、個人的なおすすめは以下です。

動画を保存する

編集とフィルタの設定が完了したら、動画を保存します。

  1. ファイル→AVI出力を選択します。
  2. ビデオ圧縮を押します。
    vhs2dvd_aviutlsav
  3. 圧縮プログラムをUtVideo YUV422 BT.601 VCM
    に設定して、OKを押します。
    vhs2dvd_aviutlsav2
  4. ファイル名を入力して、保存を押します。
    vhs2dvd_aviutlsav3

DVDを作成する

編集した動画を元に、DVDStylerを使用してDVDを作成します。

DVDStylerをインストール

  1. 公式サイトからインストーラをダウンロードします。
    vhs2dvd_dvdstdl
  2. インストーラを起動し、インストールします。
    vhs2dvd_dvdstinst

DVDStylerでDVDを作成する

ここでは、メニューなしで自動的に動画が再生されるDVDを作成します。

  1. DVDStylerを起動します。
    vhs2dvd_dvdstico
  2. ようこそ画面が表示されるので、プロジェクトの設定をします。
    必ず設定する箇所は映像形式(NTSC)で、ほかは必要に応じて設定します。
    vhs2dvd_dvdstfst
  3. 次にDVDメニュー用テンプレート画面が表示されるので、
    テンプレートを使わないを押します。
    vhs2dvd_dvdsttmp
  4. 動画ファイルを~ここにドラッグしますのところに、
    編集した動画をドラッグ&ドロップします。
    vhs2dvd_dvdstdad
  5. メニュー1をダブルクリックして、プロパティを開きます。
  6. プリ・コマンドにjump title 1;を設定してOKを押します。
    こうするとDVD再生後にすぐタイトル1の動画が再生されます。
    vhs2dvd_dvdstmenu
  7. DVD書込みボタンを押します。
    vhs2dvd_dvdstwrite
  8. 書込み画面が表示されます。
    いきなりDVDに書込んでも良いですが、
    最初は生成のみISOイメージファイルを作成にして、
    PC上で確認をしてから書込むことをおすすめします。
    vhs2dvd_dvdstwrite2
  9. 開始を押すと、DVDの生成が始まります。

最後に

以上、VHSテープをDVDにダビングする方法を紹介しました。
この記事では、動画が再生されるだけのDVDを作成しましたが、
DVDStylerはメニューをつけたり、チャプターを追加することもできます。
凝ったDVDを作成したい方は挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA