スマホの音ゲー用に滑り止めシートを買ってみました

最近、ガルパにハマっています。基本、机にスマホを置いて遊んでいるのですが、難易度の高い曲になってくると力が入り、スマホが動いてしまうことがあり困っていました。特に同時スライドとか同時フリックのときに。何とかならないかネットで調べてみると、滑り止めシートが100均で売っているらしいので、早速近所のダイソーで調達してきました。

スポンサーリンク

買ってきた滑り止めシート

ダイソーのカー用品コーナーに行くと、4種類の滑り止めシートがありました。そのうち、以下の2種類を買ってきました。

【すべりにくい両面吸着シート】
吸着というからには、しっかりスマホを固定してくれそうだったので購入。サイズは12.8 × 7.2 cm。使っているスマホ(ZenFone3)だと少しはみ出るサイズですが、少しだけなので問題はなさそう。

【NON-SLIP PAD】
表面がレザー風になっていて、いい感じだったので購入。サイズは14 × 9 cm。ZenFone3はほぼ収まるサイズ。

残りの2つのうち1つは、ムックの絵柄で円形だったので、スマホを置くにはムダな部分が多いのでスルー(幅も足りなかったかも)。もう1つは、やわらかいスポンジ素材だったので、押し込んだときの感触がゲームに影響しそうだったのでスルーしました。

次に実際に使った感じを書いていきます。

すべりにくい両面吸着シート

袋から出してまず思ったこと。すごく手にくっつく!ゼリーみたいにやわらかい!手元にあったペットボトルに乗せると、ぐにゃーとなるくらいやわらかい。

透明なので見づらいですが、机に貼り付けるとこんな感じ。

スマホを置いてみたところ。シートの方が小さいので見えませんが、ちゃんとスマホの下にあります。

少しガルパをやってみましたが、動く気配はありませんでした。ビクともしません。というかしっかり吸着しすぎてはがせません。すべりにくいってレベルじゃない。

ちょっと焦りましたが、端の方から少しずつはがして、何とか分離することができました。その後、机からシートをはがすのも結構大変でした。

スポンサーリンク

NON-SLIP PAD

表面はレザー風、裏面はシリコンになっています。「すべりにくい両面吸着シート」と比べると、表面の滑り止め効果も、裏面の吸着具合も控えめな感じ。

机に貼り付けたところ。水平には全く動かず、めくれば簡単にはがれる、いい塩梅な吸着力です。

シリコンの裏面。ホコリがくっつきやすく、真っ黒なので目立ちますが、貼り付ければ見えないので問題ないでしょう。

スマホを置いたところ。横はほぼピッタリ、縦は少し余っています。

ガルパで何曲か遊んでみたところ、わずかに動くことはありましたが、ゲームに影響するほどではありませんでした。

まとめ

スマホで音ゲーをするときの滑り止めとして、ダイソーで買える「すべりにくい両面吸着シート」と「NON-SLIP PAD」を試してみました。

「すべりにくい両面吸着シート」は、滑り止めというレベルではなく、机にもスマホにもがっつり吸着して、はがすのが大変でした。一応、スマホを動かなくするという目的は達成できているのですが、後片付けにかかる労力が大きいです。机に貼り付けたままにするような使い方ならアリかもしれません。

「NON-SLIP PAD」は、「すべりにくい両面吸着シート」のように吸着するタイプではありませんが、意外としっかりスマホを固定してくれました。パッケージに「完全にすべりを防ぐものではありません」と注意書きがある通り、ゲーム中にわずかにスマホが動くことはありましたが、大きく滑るようなことはありませんでした。音ゲー用の滑り止めシートとしては十分そうです。はがすのも簡単なので、しばらくはこれを使ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA