HandBrakeでTSファイルをMP4にエンコードする

テレビ録画したTSファイルはサイズが大きくHDDを圧迫するので
MP4にエンコードして保存しています。
動画をエンコードするフリーソフトはたくさんあり、僕もいくつか使用しましたが
以下のような理由でHandBrakeに落ち着きました。

  • 使い方が簡単
  • 動作が安定している
  • エンコード中にキューの追加、削除、並び替えができる
  • インタレース解除ができる
  • 逆テレシネフィルタが使える

この記事では、HandBrakeでTSファイルをMP4にエンコードする方法を
インストールからエンコードまで一連の流れに沿って紹介します。

インストール

ダウンロード

公式サイトからHandBrakeの最新版をダウンロードします。
検索すると日本語版も見つかりますが、大分古いバージョンのまま更新が停止しているようです。
バグが残っている可能性もあるので最新版を使用しましょう。

handbrake1

インストール

インストーラを起動します。
handbrake2

特に注意するところはないのでどんどん進めましょう。
最後にFinishを押せばインストール完了です。
handbrake3

スポンサーリンク

設定

HandBrakeを起動して初期設定を行います。
メニューからTools→Optionsと選択して設定画面を開きます。
handbrake4

General

初期設定のままで問題ありません。
x264の詳細な設定をする場合は、Show Advanced Encoder Options Tab
チェックを入れておきましょう。
handbrake5

Output Files

エンコードしたファイルの出力先とファイル名の設定を行います。
この記事ではファイル名が入力ファイルと同じ
拡張子がmp4となるように設定します。
handbrake6

  • Default Path…エンコードしたファイルの出力先フォルダを設定します。
  • Format{source} を設定します。
  • Change case to Title Case…チェックを外します。
  • Replace underscores with a space…チェックを外します。
  • MP4 File ExtensionAlways use MP4に設定します。

Video

初期設定のままで問題ありません。
DXVAやQSVを有効にする場合はここで設定します。
handbrake7

Advanced

初期設定のままで問題ありません。
handbrake8

プリセット作成

エンコード設定のプリセットを作成します。
動画を読み込んだ状態でないと設定できない項目があるため
適当な動画をHandBrakeにドラッグ&ドロップして読み込ませておきます。

Picture

動画のサイズとクロッピング(切り出し)の設定です。
handbrake9

  • AnamorphicStrictまたはLooseに設定します。
    Strictはサイズ変更なしの設定です。通常はこちらで良いでしょう。
    Looseはアスペクト比を保ちつつサイズを変更する設定です。
    携帯プレイヤー用などでサイズを変更する場合はこちらを使用します。
  • CroppingCustomに設定し、Top、Left、Right、Bottomに0を設定します。
    Automaticだと映画などの黒帯を自動的にカットしてくれますが
    判定が甘いのか字幕の部分までカットされることがありました。

Filters

各種フィルタの設定です。ここでは例として僕が使用している設定を記載しています。
設定を変更する場合はHandBrake 解説 @Wikiが参考になると思います。
handbrake10

  • Detelecine…逆テレシネフィルタの設定です。
    映画やアニメをエンコードする場合はDefault
    それ以外の場合はOffに設定します。
  • Decomb…インタレース解除の設定です。
    Decombにチェックし、Defaultに設定します。
  • Denoise…ノイズ除去の設定です。Offに設定します。
  • Deblock…ブロックノイズ除去の設定です。Offに設定します。
  • Grayscale…白黒化の設定です。チェックを外します。

Video

映像の設定です。ここでは例として僕が使用している設定を記載しています。
設定を変更する場合はHandBrake 解説 @Wikiが参考になると思います。
handbrake11

  • Video Codec…映像コーデックの設定です。H.264 (x264)に設定します。
  • Framerate (FPS)…フレームレートの設定です。
    Same as sourceに設定し、Variable Framerateにチェックを入れます。
  • x264 Preset…エンコード速度と画質の兼ね合いの設定です。
    なるべく高画質にしたいのでSlowerに設定します。
    Very Slow以上は時間がかかる割に画質に変化が感じられませんでした。
  • x264 Tune…映像のチューニング設定です。
    ソースが実写の場合はFilm、アニメの場合はAnimationに設定します。
  • Fast Decode…デコード高速化の設定です。チェックボックスを外します。
  • H.264 Profile…H.264プロファイルの設定です。Highに設定します。
  • H.264 Level…H.264レベルの設定です。4.1に設定します。
  • Extra Options…追加オプションの設定です。ref=4 を設定します。
    こちらの記事にH.264レベルが4.1、解像度が1920×1080の場合は
    参照フレーム数の最大値は4と記載されているため、この設定にしています。
  • Constant Quality…画質とファイルサイズの兼ね合いの設定です。
    実写は23、アニメは20に設定しています。

Audio

音声の設定です。
handbrake12

  • CodecAuto Passthruに設定します。
    音声は映像と比べると些細なサイズなので
    パススルー(エンコードなし)にしています。

SubtitlesとChapters

字幕とチャプターの設定です。
変更なしで問題ありません。

Advanced

エンコーダの詳細設定を行うタブです。
OptionsのGeneralShow Advanced Encoder Options Tab
チェックを入れていると表示されます。変更なしで問題ありません。
handbrake13

プリセット保存

右下のAddを押してプリセット保存画面を開きます。
プリセット名を入力しAddボタンを押すとプリセットが保存されます。
handbrake14

録画する番組の種類や再生する機器などに合わせて
複数のプリセットを作成しておくと便利です。

スポンサーリンク

エンコード

TSファイルを読み込ませる

TSファイルをHandBrakeにドラッグ&ドロップし読み込ませます。
読み込みに成功すると、Sourceにファイル名が表示されます。
Destinationには出力するファイルのパスが自動的に設定されます。
Destinationが正しく設定されない場合は
Output Filesの設定を見直してみてください。
handbrake16

エンコードする

プリセットを選択しエンコード設定を反映します。
handbrake17

Startボタンを押すとエンコードが始まります。handbrake18

キューを操作する

エンコード中にさらにTSファイルを読み込ませ
Add To Queボタンを押すとキューに追加されます。
handbrake19

キューの確認や操作をするには、Show Queueボタンを押してキュー画面を開きます。
handbrake20

この画面でキューの削除や並び替えができます。
エンコード設定が間違っていることに気付いた場合や
後から追加したTSファイルを先にエンコードしたい場合に役に立ちます。
handbrake21
Pauseボタンを押すとエンコードを一時中断できます。
(即座に中断されるのではなく、現在のキューが完了時に次のキューが開始されなくなります。)
When Doneは全てのキューが完了時の動作を指定できます。

複数のTSファイルをまとめてエンコードする

HandBrakeは複数のTSファイルを選択してドラッグ&ドロップしても
1ファイルしか読み込んでくれません。
複数のTSファイルをまとめてエンコードするには、前準備として
エンコードしたいTSファイルを1つのフォルダに格納しておきます。
handbrake22
フォルダをHandBrakeにドラッグ&ドロップすると
フォルダ内のTSファイルがまとめて読み込まれます。

【注意】この状態でStartボタンを押しても1ファイルしかエンコードされません!

作成したプリセットを選択しエンコード設定を反映します。handbrake17
現在のエンコード設定で全てのTSファイルをエンコードして良ければ
Add To Queueボタンの右側の▼を押し、Add Allを選択します。
プリセットを使い分けたい場合はAdd Selectionを選択し
エンコードするタイトルを選択します。
その後、プリセットを選び直し再度Add Selectionでタイトルを選択します。handbrake24
キューの準備ができたらStartボタンを押すとエンコードが始まります。
Show Queueボタンを押してキュー画面を開き
キューが期待通りに追加されているか確認しておきましょう。handbrake18

以上、HandBrakeでTSファイルをMP4にエンコードする方法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA