AviUtlでTSをCMカットしてMP4にエンコードしてみるメモ

2016年10月23日…誤記を修正しました。

TSのCMカットをしたいときは、Freemake Video Converterを使っていたのですが、
最近のバージョンでは動画に入る広告が増えて、使いづらくなってしまいました。
そこで、使いこなせれば最強だと思いつつも、難しそう&準備が大変そうと
敬遠していた、AviUtlを使ってみることにしました。

今回、目指すところはこんな感じです。

  • とりあえず全て手動でやってみる。
  • TSをMP4にエンコードする。
  • CMカットする。
  • インタレース解除する。
  • 逆テレシネする。

この記事では、AviUtlでTSをCMカットしてMP4にエンコードする手順
メモとして残しています。

スポンサーリンク

ツールの準備

お世話になるツールを準備します。

  1. AviUtl
    動画編集ソフト。言わずもがな必須。
  2. x264guiEx
    AviUtlでx264を使用してエンコードするためのプラグイン。
  3. 自動フィールドシフト
    AviUtlでインタレース解除と逆テレシネをするためのプラグイン。
  4. TsSplitter
    TSに含まれる不要な情報を削除するのに使用。
  5. DGIndex
    TSを映像(d2v)と音声(aac)に分離するのに使用。
  6. FakeAacWav
    音声(aac)を疑似wavに変換するのに使用。
  7. AviSynth
    DGIndexで分離した映像(d2v)をAviUtlに読み込ませるのに使用。

AviUtl

AviUtlのお部屋から最新版をダウンロードします。
aviutl_aviutldown

ファイルを任意のフォルダに解凍します。
aviutl_aviutlzip
不要なトラブルを避けるため、日本語を含まないパスで
なるべく上の階層にインストールするのが良いと思います。
僕はD:\AviUtlにインストールしました。

x264guiEx

rigayaの日記兼メモ帳から最新版をダウンロードします。
ダウンロードリンクは右側のメニュー内にあります。
zip版と7z版がありますが、中身は同じようなのでお好きな方で。
aviutl_x264guiexdown
ファイルを解凍して、auo_setup.exeを実行します。
aviutl_x264guiexauo
AviUtlをインストールしたフォルダを指定します。
aviutl_x264guiexsetup
x264guiEx.auoのインストールが完了しました。
と表示されたら終了を押します。
aviutl_x264guiexcomplete

自動フィールドシフト

x264guiExと同じく、rigayaの日記兼メモ帳から最新版をダウンロードします。
ダウンロードリンクは右側のメニュー内にあります。
aviutl_afsdown
ファイルを解凍して、afs.aufAviUtlをインストールしたフォルダに移動します。
aviutl_afsicon

TsSplitter

Axfc UpLoaderからVer.1.28をダウンロードします。
aviutl_tssplitterdown
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍します。
aviutl_tssplitterzip
僕はD:\AviUtl\TsSplitterにインストールしました。

DGIndex

HC Encoder からVer.1.5.8 をダウンロードします。
ダウンロードリンクは下の方にあります。
aviutl_dgindexdown
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍します。
aviutl_dgindexzip
僕はD:\AviUtl\DGIndexにインストールしました。

FakeAacWav

Friio関係ファイル置き 場からVer0.28+fawcl0.11をダウンロードします。
up1009.zipというファイル)
aviutl_fawdown
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍します。
aviutl_fawzip
僕はD:\AviUtl\FakeAacWavにインストールしました。

AviSynth

Avisynth rev. 2 プロジェクトページから最新版をダウンロードします。
aviutl_avisynthdown
インストーラを実行してインストールします。
とくに注意するところはないので、どんどん進めます。
aviutl_avisynthsetup

これでツールのインストールが完了しました。

TSを加工する

AviUtlでの作業に入る前に、TSを処理しやすい形に加工します。

  • TSに含まれる不要なデータを削除する。
  • TSを映像と音声に分離する。
  • 音声を疑似wavに変換する。

TSに含まれる不要なデータを削除する

TsSplitterを使用して、TSに含まれる不要なデータ
(EPG情報、ワンセグ映像など)を削除します。

TsSplitterGUI.exeを起動します。
aviutl_tssplitterguiicon
TsSplitterGUIに、TSをドラッグ&ドロップして読み込みます。
HD情報を残すだけにチェックして、変換を押します。
aviutl_tssplittergui
終了しました。と表示されたら閉じるを押します。
aviutl_tssplitterguicomp

TSを映像と音声に分離する

DGIndexを使用して、TSを映像(d2v)音声(aac)に分離します。
これをしないと、最終的に音ズレする可能性が上がるそうです。

DGIndexを起動する前に、AVSテンプレートを作成します。
AVSテンプレートを作成しておくと、DGIndexでTSを分離時に、
avsファイル(AviSynthスクリプトファイル)が自動生成されます。
avsファイルは、AviUtlにAviSynthを通して映像(d2v)を
読み込むのに使用します。

以下の内容をメモ帳などのテキストエディタに貼り付け、
DGIndexをインストールしたフォルダに、
template.avsというファイル名で保存します。
1行目(DGDecode.dllのパス)は、環境に合わせて変更してください。

これでAVSテンプレートの作成と配置が完了したので、
DGIndex.exeを起動します。
aviutl_dgindexicon
DGIndexに、TSをドラッグ&ドロップして読み込みます。
FileSave Projectを選択します。
aviutl_dgindexsave
完了すると、映像(d2v)、音声(aac)、avsファイルができます。
aviutl_dgindexfile

音声を疑似wavに変換する

FakeAacWavを使用して、音声(aac)を疑似wavに変換します。
こうしておくことで、音声(aac)を無劣化で編集できます。

FAW.exeを起動します。
aviutl_fawicon
FakeAacWavに、音声(aac)をドラッグ&ドロップして読み込みます。
変換を押します。
aviutl_fawiconv
完了すると、疑似wav(aac.wav)ができます。

スポンサーリンク

AviUtlでの作業

映像と(d2v)と音声(疑似wav)の準備ができたので、
ここからはAviUtlでの作業になります。

AviUtlの初期設定をする

動画の編集を始める前に、AviUtlの初期設定をします。
aviutl.exeを起動します。
aviutl_aviutlicon
ファイル→環境設定→システムの設定を開きます。
この記事では、必要最低限の設定だけ行います。
最大画像サイズ1920×1080に設定します。
aviutl_aviutlsetting
完了したら、設定を反映するためにAviUtlを再起動します。

CMカットする

AviUtlに映像と音声を読み込み、CMカットをします。

  1. AviUtlavsファイルをドラッグ&ドロップして、映像を読み込みます。
  2. ファイル→音声読み込みを選択して、疑似wavを読み込みます。
  3. スライダーを動かし、カットする範囲を選択します。
    aviutl_aviutlcmcut
  4. 編集→選択範囲のフレームを削除を選択します。
  5. 全てのCMをカットするまで、3と4を繰り返します。

フィルタの設定をする

AviUtlで使用するフィルタの設定をします。
この記事では、インタレース解除と逆テレシネの設定だけ行います。

  1. 設定→インタレース解除、自動フィールドシフトを選択します。
  2. 設定→インタレース解除、自動フィールドシフトの設定を選択します。
  3. 自動フィールドシフトの設定をします。
    今回はアニメをエンコードするので、映画/アニメを押します。
    aviutl_aviutlafs

エンコードする

CMカット、フィルタの設定が完了したので、あとはエンコードするだけです。

  1. ファイル→プラグイン出力→拡張 x264 出力(GUI) Exを選択します。
  2. ビデオ圧縮を押します。
    aviutl_x264guiexvideo
  3. プロファイルを選択します。
    今回はアニメなので、アニメ(高画質)に設定します。
  4. アスペクト比を設定します。
    今回は地デジ(1440×1080)なので、
    SAR比を指定(デフォルト)、4:3に設定します。
  5. 音声のエンコーダをFakeAacWav(FAW)に設定します。
  6. fawcl.exeの指定にfawcl.exeのパスを設定します。
    fawcl.exeは、FakeAacWavのフォルダに入っています。
    aviutl_x264guiexguix264
  7. 自動フィールドシフト(afs)を使用するにチェックを入れます。
    aviutl_x264guiext
  8. OKを押して、x264の設定画面を閉じます。
  9. ファイル名を入力して、保存を押します。
    aviutl_x264guisave
  10. エンコードの進行状況画面が表示されます。
    100%になったらエンコード完了です。お疲れさまでした。
    aviutl_x264guienc

参考にさせていただいたサイト様

以上、AviUtlでTSをCMカットしてMP4にエンコードする手順のメモでした。
結構手順が多いので、次はバッチなどで自動化してみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA